障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

お知らせ

オンキョウ世界点字作文コンクール入賞NEW

広沢里枝子のエッセイが「第16回オンキョウ世界点字作文コンクール」国内成人の部で優秀賞を受賞しました。
閲覧はこちらへ

広沢里枝子コンサート・プロモーションビデオ

視聴はこちらへ (YouTube)

広沢里枝子講演会について

盲導犬のジャスミンと一緒に、主に長野県東北信地区の青少年の皆様のところへお話しに伺っています。現在、2019年の講演と、越後瞽女唄演奏のご依頼を受け付けております。なお、講演は月に4回以内とさせていただいております。おそれいりますが早めにご連絡ください。お待ちしております。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

デイジー録音図書「里枝子の窓」貸し出し

番組の放送内容を収録したデイジー録音図書「里枝子の窓 2016年度版」が完成しました!
デイジー録音図書「里枝子の窓」の詳細はこちらへ

インターネットでも放送日にお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。

今月の番組ガイド

オンエア: 2018年11月24日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト> 角りわ子さん

 今月のお客様は、陶芸家の角りわ子さんです。
 角さんは、1961年に鳥取県境港市で生まれました。1980年より京都の同志社大学に進学し、その時学んだ美術に影響を受け、焼き物を作ることに目覚め陶工を志すことになったそうです。
 京都の試験場で焼き物の勉強をして、その後清水焼の窯元で4年間修業。それからタイのチェンマイで技術指導をしたあと、1993年に長野県東御市、旧北御牧村に移住。作家の水上勉さんのアシスタントとして働きながら、自分の工房を作り、当地の勘六山の土を使って作陶していらっしゃいます。
 2003年には、魯山人記念・食の器展(信濃美術館)奨励賞を受賞。東京や京都のデパートやギャラリーで、展覧会を開催されています。
 また、2012年からは、上小地域障害者自立生活支援センターが主催する障害者と家族、支援者のための焼き物教室で、毎年、ご指導くださっています。私は、7年間、この焼き物教室を企画し、参加してきたのですが、参加者に寄り添って優しくご指導くださる角先生のおかげで、皆さんのびのびと陶芸を楽しんでおられます。今回は、焼き物教室に参加された皆さんの喜びの声も、合わせてお聞きいただきます。

角りわ子さんのホームページ
http://riwakosumi.jimdo.com

(文/広沢里枝子)

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --