障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

お知らせ

広沢里枝子講演会について

盲導犬のジャスミンと一緒に、主に長野県東北信地区の青少年の皆様のところへお話しに伺っています。2017年末までの講演の受付は終了いたしました。現在、2018年の講演のご依頼を受け付けております。なお、講演は月に4回以内とさせていただいております。おそれいりますが早めにご連絡ください。お待ちしております。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

デイジー録音図書「里枝子の窓」貸し出し

ラジオ番組の放送内容を収録したデイジー録音図書「里枝子の窓 2015年度版」が完成しました!
デイジー録音図書「里枝子の窓」の詳細はこちらへ

インターネットでも放送日にお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。

今月の番組ガイド

オンエア: 2017年9月30日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト> 大山哲司(おおやま てつし)さん

 今月のお客様は、長野市で「大山社会保険労務士事務所」を開いていらっしゃる社会保険労務士の大山哲司さんです。
 大山さんは、信越放送技術局で、長年働いてこられた方です。定年退職後に、独学で社会保険労務士の資格を取得し、開業されました。長野県北信労政事務所巡回労働相談、社団法人 全国労働基準関係団体連合会 労働相談員、長野市職業相談室 労働相談員、国立大学法人 信州大学教職員組合 アドバイサー等、幅広く活躍されています。
 大山さんは、「労働者・労働組合の活動を支援する私の行動は、社会保険労務士の中で希な存在かと思います。働く方たちに少しでも未来に展望が開かれるように、お役に立ちたいと思います。」と、ご自身のホームページに書いておられます。
 対談の前半では、大山さんが、どうして社会保険労務士を目指したのか。働く人々を囲む現代の課題。不安定な雇用条件の中で働く非正規雇用の人々への助言などを伺います。
 また、大山さんは、ご自身が癌を患い、癌と闘ってきた経験から、癌患者の方々の相談にも応じておられます。癌の告知を受けたときには、あわてて仕事をやめずに、まずは、専門の相談員に相談することが大切とのこと。後半では、働く癌患者さんへの具体的な助言をお聞きできればと考えています。

大山社会保険労務士事務所

(文/広沢里枝子)

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --