障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

お知らせ

広沢里枝子講演会について

盲導犬のジャスミンと一緒に、主に長野県東北信地区の青少年の皆様のところへお話しに伺っています。2017年末までの講演の受付は終了いたしました。現在、2018年の講演のご依頼を受け付けております。なお、講演は月に4回以内とさせていただいております。おそれいりますが早めにご連絡ください。お待ちしております。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

デイジー録音図書「里枝子の窓」貸し出し

ラジオ番組の放送内容を収録したデイジー録音図書「里枝子の窓 2015年度版」が完成しました!
デイジー録音図書「里枝子の窓」の詳細はこちらへ

インターネットでも放送日にお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。

今月の番組ガイド

オンエア: 2017年8月26日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト> 桂木 惠さん

 今月のお客様は、「上田小県近現代史研究会」事務局長の桂木 惠(かつらぎ めぐみ)さんです。
 桂木さんは、1953年生まれ。上田市真田町在住。元社会科教師で、定年退職後、現在は、通信制高校の非常勤講師として主に日本史を教えておられます。
 「上田小県近現代史研究会」の発足時からのメンバーで、「信濃史学会」や「歴史教育者協議会」の会員です。
 今月も、桂木さんは、上田市城南公民館が開いた、アジア・大平洋戦争や当時の子どもたちの暮らしを学ぶ講座「ボクたちが学ぶ戦争とうえだ」で、講師をされました。
 「里枝子の窓」でも、毎年8月には、戦争と平和について学んでいます。私たちの国は、世界中を相手に戦争をし、内外におびただしい犠牲者を出して、72年前の8月に無条件降伏しました。
 今回は、「時報にみる子供達と戦争」をテーマにお話を伺います。

(文/広沢里枝子)

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --