障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

お知らせ

広沢里枝子講演会について

盲導犬のジャスミンと一緒に、主に長野県東北信地区の青少年の皆様のところへお話しに伺っています。2017年末までの講演の受付は終了いたしました。現在、2018年の講演のご依頼を受け付けております。なお、講演は月に4回以内とさせていただいております。おそれいりますが早めにご連絡ください。お待ちしております。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

デイジー録音図書「里枝子の窓」貸し出し

ラジオ番組の放送内容を収録したデイジー録音図書「里枝子の窓 2015年度版」が完成しました!
デイジー録音図書「里枝子の窓」の詳細はこちらへ

インターネットでも放送日にお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。

今月の番組ガイド

オンエア: 2017年11月25日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト> 上原博司さん、大久保幸子さん

 今月は、千曲市にあるサービス付き高齢者向け住宅「森と人と」に入居されている上原博司(うえはら ひろし)さんと、この施設を運営されている大久保幸子さんをお迎えします。
 上原さんは、木曽郡上松町のお生まれで、85才です。長野営林局(現中部森林管理局)に在勤中、50代半ばで失明したため、退職して長野盲学校に入学。鍼灸マッサージ師の資格を得て、松代町にて治療院を開業していましたが「森と人と」が開設されたので、今年の1月にここに転居しました。
 上原さんのご趣味は、ハーモニカと短歌。ハーモニカは、6人組のハーモニカバンド「レッドウイング」を編成して活躍されています。今回は、その素晴らしいハーモニカ演奏と短歌もご披露いただきます。
 そして、大久保幸子(おおくぼ さちこ)さんは、介護福祉士です。40代後半に介護の仕事につきました。
 60歳の定年を迎え起業し、2012年4月合同会社ゆずりはを設立。千曲市八幡に宅老所「ゆずりは」と、サービス付き高齢者向け住宅「森と人と」を開所。現在2カ所で介護施設を運営しています。座右の銘は、「生きることは行動すること」だそうです。
 お二人から、「森と人と」でのご生活のようすを伺いながら、目の不自由な私たちが、高齢になってからも安心して充実した生活をおくるには、どうしたらいいかを考えます。

(文/広沢里枝子)

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --