障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

お知らせ

広沢里枝子「越後瞽女唄探求の旅 三の段 − 唄って歌って瞽女唄の旅」を掲載NEW

越後瞽女唄の旅の第3段。今回は自作の短歌で綴る活動報告です。
閲覧はこちらへ

広沢里枝子コンサート・プロモーションビデオ

視聴はこちらへ (YouTube)

広沢里枝子講演会について

盲導犬のジャスミンと一緒に、主に長野県東北信地区の青少年の皆様のところへお話しに伺っています。現在、2019年の講演と、越後瞽女唄演奏のご依頼を受け付けております。なお、講演は月に4回以内とさせていただいております。おそれいりますが早めにご連絡ください。お待ちしております。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

デイジー録音図書「里枝子の窓」貸し出し

番組の放送内容を収録したデイジー録音図書「里枝子の窓 2016年度版」が完成しました!
デイジー録音図書「里枝子の窓」の詳細はこちらへ

インターネットでも放送日にお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。

今月の番組ガイド

オンエア: 2019年1月26日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト> 若林邦彦さん

 新年おめでとうございます。本年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。
 今月のお客様は、新春恒例になりました若林邦彦さんです。若林さんは「信州国際音楽村」の理事長を長年務めて、地域文化の振興に尽力してこられました。文化団体の活動を積極的に支援するなど、人材育成にも取り組んでおられます。世界を旅する国際人、文化人である若林さんからは、毎年広い視野からのお話が聞けて、目が覚めるようです。
 今年は、私の家族がロサンジェルスに転勤することになり、教えていただきたいことがいっぱいです。海外で暮らす家族とコミュニケーションをとりながら、つながって生きていくにはどうしたらいいのか。海外で子育てをするときに注意することや、日本を飛び出して生活することの意味など、いろいろとお尋ねしてみたいと思います。

(文/広沢里枝子)

写真:椅子に腰をかける里枝子と、床に寝そべるネルーダ

<訃報>
私の3代目の盲導犬だったネルーダが、2019年1月3日に老衰のために永眠いたしました。おかげさまで16才1カ月まで長生きすることができました。盲導犬の仕事を引退してからも、ネルーダを慈しんでくださった老犬奉仕者の佐藤英吉さん。ネルーダに心をかけてくださったお一人お一人に感謝して、ネルーダとの思い出の歌を贈ります。(広沢里枝子)
光のほうへ〜ネルーダとふたりで (MP3ファイル)
作詞・広沢里枝子 作曲・土屋竜一 歌・下平真弓

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --