障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

お知らせ

「越後瞽女唄探求の旅」に新コーナー

広沢里枝子のこれからの瞽女唄演奏について、お問い合わせがありましたので、「これからの瞽女唄演奏 − 2017年度の予定」を新設しました。
ページはこちら

広沢里枝子のエッセイ

「ジャスミン、明日に向かって歩こう(4)」を掲載しました。
原稿はこちら
「2016年の5大ニュースと越後瞽女唄」を掲載しました。
原稿はこちら

広沢里枝子講演会について

盲導犬のジャスミンと一緒に、主に長野県東北信地区の青少年の皆様のところへお話しに伺っています。現在、2017年度の講演のご依頼を受け付けております。(※11月の受付は終了いたしました)なお、体力の面から、講演は月に4回以内とさせていただいております。おそれいりますが早めにご連絡ください。お待ちしております。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

デイジー録音図書「里枝子の窓」貸し出し

ラジオ番組の放送内容を収録したデイジー録音図書「里枝子の窓 2015年度版」が完成しました!
デイジー録音図書「里枝子の窓」の詳細はこちらへ

インターネットでも放送日にお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。

今月の番組ガイド

オンエア: 2017年7月29日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト> 楢原由紀子さん

 今月のお客様は、東御市にお住まいで、女性農業者の楢原由紀子さんです。
楢原さんは、23才の時に農家へ嫁ぎました。連れ添ったご主人がお師匠さん。農業も人生も、師匠に恥ずかしくないようにと想って生きてこられたそうです。
 楢原さんは、長年にわたって農業に打ち込みながら、農業委員、農業後継者の育成、里山体験施設の運営など、幅広く活躍してこられました。
 現在は、米作りを中心とした3ヘクタールの農業の他に、「農事組合法人東御市農産物加工組合」組合長。
 更に、73才になった今年、「合同会社 里山の暮らし商店」という新しいお店を女性3人で開き、その代表になりました。3人は、東御市雇用創造協議会のセミナーで出会い、あっという間に会社が出来上がったそうです。素晴らしい行動力ですね!
 実は私自身も、息子達が小さかった頃から、楢原さんのお宅の畑でお芋ほりを体験させていただいたり、スキーに連れて行っていただいたり、一緒に南沢創さんのバイオリンコンサートを開いたりと、お世話になったことや、楽しい思い出がたくさんあります。茜色の夕陽のように、輝く70代をめざしているとおっしゃる楢原さん。いつも周りにいるみんなに大きなパワーを分けてくださる楢原さん。どんなお話を聞かせていただけるか楽しみです。

(文/広沢里枝子)

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --