障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

お知らせ

「越後瞽女唄探求の旅」に新コーナー

広沢里枝子のこれからの瞽女唄演奏について、お問い合わせがありましたので、「これからの瞽女唄演奏 − 2017年度の予定」を新設しました。
ページはこちら

広沢里枝子のエッセイ

「ジャスミン、明日に向かって歩こう(3)」を掲載しました。
原稿はこちら
「2016年の5大ニュースと越後瞽女唄」を掲載しました。
原稿はこちら

広沢里枝子講演会について

盲導犬のジャスミンと一緒に、主に長野県東北信地区の青少年の皆様のところへお話しに伺っています。現在、2017年度の講演のご依頼を受け付けております。(※11月の受付は終了いたしました)なお、体力の面から、講演は月に4回以内とさせていただいております。おそれいりますが早めにご連絡ください。お待ちしております。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

デイジー録音図書「里枝子の窓」貸し出し

ラジオ番組の放送内容を収録したデイジー録音図書「里枝子の窓 2015年度版」が完成しました!
デイジー録音図書「里枝子の窓」の詳細はこちらへ

インターネットでも放送日にお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。

今月の番組ガイド

オンエア: 2017年6月24日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト> 石塚 徹(いしづか とおる)さん

 今月のゲストは、石塚徹さんです。石塚さんは、理学博士。ご専門は動物社会学・行動生態学です。
 「NPO法人 生物多様性研究所 あーすわーむ」研究員。希少な生きものの調査や保全、外来生物の調査や対策などを行っています。
 また、環境教育プログラムの開発や講演、執筆活動などもしておられ、動植物が秘密にしておきたい「生き延びる戦略」を、野外で子どもたちに、どうしたらうまく通訳できるかをいつも考えておられるそうです。「科学的な考え方から逸れさえしなければ、おはなし的にかみ砕いて伝えるのが好き」とおっしゃる石塚さんは、研究者としての洞察に基づいて、とてもわかりやすいお話をしてくださいます。
 石塚さんは、昆虫、カエル、魚、サンショウウオ等、さまざまな生物に詳しい方ですが、6月は、小鳥の囀りの美しい季節です。石塚さんは、「歌う鳥のキモチ」という本を執筆中とのことですので、今回は、石塚さんが軽井沢で収録された小鳥の歌声を聞きつつ、小鳥のお話を中心に伺う予定です。
 石塚さんは「非科学的な擬人化ではない意味で、鳥の気持ちになり、鳥の歌心に共感していただければと思っています。」とメッセージをくださいました。
 私も小鳥の歌を聞くのは大好き!でも、小鳥の世界のことは、ほとんど知りません。どんなお話を聞けるか、今から楽しみです♪

(文/広沢里枝子)

○石塚徹さんの主な著書
・「見る聞くわかる 野鳥界 <識別編><生態編>」(信濃毎日新聞社)
・「ゆかいな聞き耳ずきん」(福音館書店「たくさんのふしぎ」傑作集)
・「昆虫少年ヨヒ」(郷土出版社)
・「軽井沢のホントの自然」(ほおずき書籍)
・「鳥のおもしろ私生活」(主婦と生活社)
・「日本動物大百科4<鳥類2>」(分担執筆/平凡社)
など

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --