障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

お知らせ

みんなのみなの ノスタルジア

チラシはこちらへ

広沢里枝子越後瞽女唄コンサート

チラシはこちらへ

広沢里枝子講演会について

2018年11月末までの講演受付は終了しました。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

デイジー録音図書「里枝子の窓」貸し出し

番組の放送内容を収録したデイジー録音図書「里枝子の窓 2016年度版」が完成しました!
デイジー録音図書「里枝子の窓」の詳細はこちらへ

インターネットでも放送日にお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。

今月の番組ガイド

オンエア: 2018年9月29日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト> 牧野義明さん

 このところの大雨、台風、地震等で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。また直接の被害に遭わなくとも、心労を感じている方もいらっしゃると思います。一日も早く日常を取り戻されますように、お祈りいたします。
 さて、9月8日。私は、ディレクターの宮嶋美紀さんと、盲導犬のジャスミンと一緒に「国立信州高遠青少年自然の家」に行きました。あいにくの雨模様の日でしたが、ウオークラリーの時間には気持ちよく晴れて、清々しい山の空気を感じました。
 ここで一泊二日で、一般社団法人 長野県子ども会育成連合会の「ジュニアリーダーセミナー」が開かれました。私とジャスミンは参加の中学生・高校生と交流するために呼んでいただいたのです。
 最初に、長野県子ども会の専門委員、牧野義明さんから、子ども会はどんな活動をしているのか。その活動の中で、ジュニアリーダーは、どんな役割を果たしているのかを伺いました。ジュニアリーダーは大人と小学生の橋渡し。ジュニアリーダーがいると、小学生が、俄然やる気になるのだそうです。
 また、どうして私を呼んでくださったのかをお尋ねしたところ、牧野さんは次のようなお話をしてくださいました。
 「私が育成会長していた時、体育館で100人くらいの高学年がレクをやっていました。高校生リーダーが『サケとサメをやります』と言って、サーっと2列を作りました。その中に車いすの男の子を見つけたので、ダッシュする鬼ごっこだけど大丈夫?って聞くと『ダイジョダイジョ、いつもやってるから』って言うんです。そしたらほんとにヒヤヒヤするくらい走り回って。その子を良く知っている役員のお父さんが教えてくれました。『彼が車いすで一年に入学した時、担任の女性の先生が この子は宝物です、彼が困らないようにみんなで工夫していきましょう、って宣言したんだよ。今彼は5年生。たくましく成長したし、周りの子たちも素晴らしい子に成長した。』 そのお話を聞いて、一人の先生 そうリーダーの考え方でこんなに素晴らしい世界ができるんだ。これは是非リーダーの子ども達に知ってほしい、感じてほしいと思って里枝子さんに来ていただきました。」とのことでした。
 そこで私も、見えなくなって見えてきたことについて、皆さんに真剣にお話をし、真剣に受け止めていただきました。その後は、皆さんと一緒に楽しくゲームをしたり、ウオークラリーにも少し参加しました。宮嶋ディレクターが、駆けまわって皆さんの生き生きした声を集めましたので、どうぞ、お聞きください♪

(文/広沢里枝子)

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --