障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

お知らせ

広沢里枝子講演会について

盲導犬のジャスミンと一緒に、主に長野県東北信地区の青少年の皆様のところへお話しに伺っています。2017年末までの講演の受付は終了いたしました。現在、2018年の講演のご依頼を受け付けております。なお、講演は月に4回以内とさせていただいております。おそれいりますが早めにご連絡ください。お待ちしております。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

デイジー録音図書「里枝子の窓」貸し出し

ラジオ番組の放送内容を収録したデイジー録音図書「里枝子の窓 2015年度版」が完成しました!
デイジー録音図書「里枝子の窓」の詳細はこちらへ

インターネットでも放送日にお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。

今月の番組ガイド

オンエア: 2017年10月28日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト> 高橋明さん、伊藤俊一さん

 今年、上田駅からほど近い松尾町フードサロンの2階に「地域活動支援センターカナン」という、障がいのある方や、ご家族、ひきこもりがちの方が、気軽に立ち寄れる拠点ができました。障がいを持つピアスタッフが障がいを持つ仲間をサポートする上田市で初めての地域活動支援センターです。
 この「カナン」について、「NPО法人カナン」理事長の高橋明さんと、ピア・スタッフ(仲間スタッフ)として働く伊藤俊一さんからお話を伺います。
 高橋さんは、定年後は、相談支援専門員として障がい者のプランを立てる仕事で役に立ちたいと願っておられたそうです。特に精神にハンデキャップのある方の支援をしようと思い、その方々の辛い気持ちをより理解したいとの想いから、自宅の居間を開放して週に2回、「カナンの家」を開きました。口コミでたくさんの方々が集まるようになり、2年間で、のべ965名の方のお話をお聞きできたそうです。
 精神障害を負うことで、人生を諦めなければならないような環境に置かれてしまう場合があることを知りました。法律で許されているとはいうものの、措置入院や保護室へ強制的に入れられてしまった方々は人格を全く否定され、そのトラウマに苦しんでいます。社会が精神病の辛さを理解していない、偏見を持っている、差別しているという現実です。
 その後、精神障がい者の当事者会「ポプラの会」との出会いがあり、当事者が運営するピア活動として、上田駅の近くに地域活動支援センターを作りたいと上田市に理解を求めたところ、2年越しの要望が実って、今年の4月に地域活動支援センターカナンが開設されました。
 このセンターでは、悩み事相談や、ミーティングを開いて生きづらさの分かち合いなどをおこなっています。お茶飲み交流の他、学びの場として編み物教室、ギター教室なども開いています。
 高橋さんも、伊藤さんも、とても穏やかで誠実なお人柄ですから、お話を聞けば、安心してカナンへ行ってみよう!と思われる方が、きっとあることでしょう。
 高橋さんが大切にしていて、カナンにも掲げられている星野富弘さんの言葉をご紹介します。

よろこびが集まったよりも
悲しみが集まった方が
しあわせに近いような気がする

強いものが集まったよりも
弱いものが集まった方が
真実に近いような気がする

しあわせが集まったよりも
ふしあわせが集まった方が
愛に近いような気がする

わたしは傷を持っている。
でもその傷のところから、
あなたのやさしさがしみてくる。

「地域活動支援センターカナン」
長野県上田市中央1丁目2−17
0268ー75ー6331

(文/広沢里枝子)

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --