ここから本文です。

ごあいさつ

広沢里枝子より

 ラジオ番組「里枝子の窓」に、ホームページという、地域を超えた新しい窓が開きました。この新しい窓から、今度はどんな出会いと触れ合いが生まれるでしょう。
  「里枝子の窓」は、ささやかな番組ですが、私たち障害者のありのままの日常を伝え、 心ある方々からの熱いメッセージを伝え続けてきました。今このページを開くあなたに、この番組を知って、参加していただければ、どんなに嬉しいでしょう。 この番組とホームページをご自身の体験や考えを広く伝える「自分たちの窓」として、 ご活用くださることを希望します。

番組パーソナリティ・広沢里枝子

ホームページ管理人より

 私が里枝子さんと出会ったのは、「里枝子の窓」放送開始の前の年。私のコンサートを開催してくださった3人の若いお母さん、その一人が里枝子さんでした。
 それから間もなく「里枝子の窓」が始まり、私は番組のテーマ曲を書かせていただきました。そして今も、ホームページの管理を通して、番組に関わらせていただいています。
 気管切開で声を失った時。結婚する時。子どもが生まれた時。「里枝子の窓」は、私の人生の節目節目にも、光を当ててくれました。何かお返しをしたい。その思いが、「里枝子の窓」のホームページを立ち上げるきっかけになったのです。
 放送26周年を迎える「里枝子の窓」ですが、ホームページのほうも15周年。番組にふさわしい、訪れる人を選ばないバリアフリーのホームページ。IT技術者としての精一杯の力を注ぎました。
 「里枝子の窓」はラジオの宝です。「里枝子の窓」と里枝子さんへのあたたかな応援を、これからもよろしくお願いします。

番組テーマ作曲/ホームページ管理・土屋竜一