ここから本文です。

デイジー録音図書「里枝子の窓2015年度版」貸し出しのお知らせ

 SBC信越放送のラジオ番組「里枝子の窓」は、私たち障害者のありのままの日常を伝え、心ある方々からの熱いメッセージを伝え続けて26年になりました。
 地域の枠を超えて、全国の視覚障害の仲間にこのラジオ番組を伝えようと、「デイジーうえだ」のボランティアの方々が、毎年製作してくださるデイジー図書「里枝子の窓」も、17タイトルになりました。
 2015年度版には、パーソナリティーの広沢里枝子が、盲導犬と共に、沖縄を旅して、三線の魅力を伝えた「沖縄は歌三線の島」。福島を旅して、過酷な避難生活を生きぬいた全盲の小山田トヨさんから、直接お話を聞いた福島レポート。猟師の竹内清さんとの対談。「小雀保育園」理事長の鷹野禮子さんとの対談。広沢里枝子の越後瞽女唄など、多彩な内容が収録されています。
 どうぞ、お聞きください。
 地域の点字図書館等を通して借りていただくか、長野県上田点字図書館にお申込みください。

上田点字図書館 電話0268−22−1975

「里枝子の窓 セレクト」 10年間の放送からセレクト

番組製作/信越放送株式会社  製作/岩崎信子  語り/(広沢里枝子)
製作館/長野県上田点字図書館(電話 0268-22-1975)
デイジー録音図書編集/「デイジー上田」佐藤英吉

【注】
このデジタル図書は、残念ながら見える方たちには聞いていただけません。
視覚障害者であれば、全国からご利用いただけます。

[デイジー編集者・佐藤英吉さんからのメッセージ]
 皆さん、こんにちは。
 デイジー図書版「里枝子の窓」の1巻目から今までの編集をしています。広沢さんのこの感動的なラジオ番組を、長野県だけではなく、全国の人に聞いて欲しいと思って、デイジー図書化の提案をしました。
 これからもSBCラジオの協力を得られる限り、放送が続く限り、視覚障害者の借り手がいる限り、デイジー編集を続けていきます。