障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

インターネットでもお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。当日お聴き逃しになっても、1週間以内であればタイムフリー機能でお聴きいただけます。
詳細はこちらへ

菜の花のなかを歩く広沢里枝子とアイメイト
荒川土手にて(撮影:内村コースケ)

お知らせ

新刊デイジー録音図書「里枝子の窓 2021年度版」貸し出しのお知らせ NEW

新刊デイジー録音図書の詳細はこちらへ

テレビ放映のお知らせ

広沢里枝子が「ハートネットTV 瞽女(ごぜ)唄が響く」に出演します。
NHK Eテレにて、2024年1月16日(火)午後8時00分から。
SBCとNHKの協力により、「里枝子の窓」の収録風景も撮影されました。
NHKプラスで1月23日(火)午後8時23分まで視聴可能です。「ハートネットTV 瞽女(ごぜ)唄が響く」(NHKプラス 視聴ページ)

短歌「越後瞽女唄探求の旅 八の段」

越後瞽女唄探求の旅 八の段はこちらへ

イベント情報「広沢里枝子の越後瞽女唄コンサートinこうのす・紫苑 vol.5『瞽女唄の息吹』」(2024年3月10日(日))

イベントの詳細はこちらへ

「第18回 令和5年度 片岡好亀賞」受賞スピーチ

受賞スピーチはこちらへ

「第18回 令和5年度 片岡好亀賞」受賞のお知らせ

お知らせの詳細はこちらへ

広沢里枝子講演会について

2024年の講演と、越後瞽女唄演奏のご依頼を受け付けています。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

信濃毎日新聞で2022年7月6日から「広沢里枝子さんと越後瞽女唄」というテーマの連載。

シリーズの表題は『いのち響かせて 里枝子さんと越後瞽女唄』。7月6日付け第1回の表題は「盲目女性の生きる道 共鳴した心」副題は「声と三味線震わせ圧倒」です。2022年3月に開催された『瞽女唄の息吹』コンサートの模様を中心に、臨場感あふれる魅力的な内容になっています。
皆さん、ぜひ、連載記事を読んでくださいね!とってもいい記事です。
信濃毎日新聞デジタルでも読むことができます。有料記事ですが、会員登録することで月5本まで見ることができます。

  1. 第1回 盲目女性の生きる道 瞽女(ごぜ)演奏家広沢里枝子さん 「命ある限りうたう」決意とは(7月6日)
  2. 第2回 「最後の瞽女」 小林ハルさんとの出会い 稽古する少女が「見えた」(7月12日)
  3. 第3回 学生時代に知った瞽女の存在 突き付けられた生き方(7月18日)
  4. 第4回 瞽女唄を伝承する女性に出会う ここへ来るために私は(7月20日)
  5. 第5回 小2で失明宣告 三味線稽古の毎日 「生きていくため」必死(7月30日)
  6. 第6回 口伝で教わり全身で感じる稽古 精神を継ぎ、個性を味に(8月1日)
  7. 第7回 庶民の平和な暮らしから生まれた唄 命ある限り伝え続ける(8月10日)

30周年記念エッセイ “里枝子の窓”から広がる世界」

30周年記念エッセイはこちらへ

広沢里枝子コンサート・プロモーションビデオ

視聴はこちらへ (YouTube)

今月の番組ガイド

オンエア: 2024年5月25日(土曜日) 午後4時〜4時30分

GUEST

尾上浩二(おのうえ こうじ)さん(DPI日本会議 副議長)

 今月のゲストは、尾上浩二さんです。尾上さんは、全国91の団体で構成するDPI(障害者インターナショナル)日本会議の副議長です。
 尾上さんは、1960年大阪生まれの64歳。子どもの時から脳性マヒの障害があり、小学校を養護学校、施設で過ごした後、地域の学校へ進みました。大学入学直後の1978年から現在まで46年に渡って障害者運動に関わり、バリアフリーや障害者の自立支援活動を進めています。障害者差別解消法の制定や改正にも関わってこられました。
 さて、民間事業者の合理的な配慮義務化などを盛り込んだ「改正障害者差別解消法」が、今年の4月1日に施行されました。けれども、私たち障害当事者も、どこまで配慮を求めて大丈夫なのか、私たちの生活はどう変わるのかなど、わからないところがたくさんあります。そこで今回は、障害者の代表として、この法律の制定や改正に参画してこられた尾上さんから、この法律について、私たちがまず理解しておきたいポイントをお話ししていただきます。
 なお、尾上さんから、障害者と事業者との間での建設的対話を妨げるNGワードと、その考え方をどう変えて対話していったらいいかについて大事なヒントをいただきましたので、シェアします。バリアのない平等な社会づくりに向けて、どのように「障害者差別解消法」を生かしていったらいいかを共に考えたいと思います。

◇建設的対話を妨げるNGワード(考え方)
(1)「もし、何かあったら」と言って断らないでください。どういう問題が生じるか、そのリスクを減じるためにどういうことができるかを具体的に考えることが大事です。
(2)「あなただけ特別扱いできません」と言って断らないでください。合理的配慮は「特別扱い」ではなく、共に活動したり楽しんだりするため(平等性確保)の個別的調整です。
(3)「前例はありません」と言って断らないでください。前例は対話を通じてつくるものです。

◇DPI日本会議が編集した「障害者差別解消法」の解説本のご紹介
■障害者が街を歩けば差別に当たる?!:当事者がつくる差別解消ガイドライン
https://gendaishokanshop.stores.jp/items/5fa24a0dbfdf09465c0745a2

(文/広沢里枝子)

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --