障害を持ちながら生き生きと暮らす仲間や共に働く人々を紹介する、信越放送(SBC)ラジオの長寿番組「里枝子の窓」の公式ホームページです。

ここから本文です。

藤の花の下の広沢里枝子とジャスミン
前山寺の藤の花の下にて

「特別編:散山節をめぐって・広沢里枝子さんとともに」

YouTube「クリオン虹の基金」チャンネルの「人間復権のための旅路」シリーズ最終回で、動画「特別編:散山節をめぐって・広沢里枝子さんとともに」が公開されましたので、ご視聴ください。

お知らせ

新刊デイジー録音図書「里枝子の窓 2019年度版」貸し出しのお知らせNEW

こうのす・紫苑『瞽女唄の息吹』コンサート 2022年3月20日(日)

コンサートの動画が公開されました。YouTubeでご覧ください。

30周年記念エッセイ “里枝子の窓”から広がる世界」

短歌「越後瞽女唄探求の旅 六の段」

2019年の「みんなの皆野ノスタルジア - 私たちが伝えのこしたい郷土芸能 獅子舞曲・平曲・越後瞽女唄」をユーチューブでお聞きいただけます!

視聴はこちらへ (YouTube)

広沢里枝子コンサート・プロモーションビデオ

視聴はこちらへ (YouTube)

広沢里枝子講演会について

2022年の講演と、越後瞽女唄演奏のご依頼を受け付けています。どちらも現在は、「歌えるマスク」を付けておこなっています。
また、2021年1月には、大鹿中学校において、オンラインによる人権講演会と越後瞽女唄演奏が実現し、新たな可能性を感じています。オンラインによる講演会等をご希望の場合も、ご相談ください。
広沢里枝子講演会の詳細はこちらへ

インターネットでもお聴きいただけます

当番組「里枝子の窓」が、インターネットラジオ「radiko.jp」で、放送日に無料でお聴きいただけます。radiko.jpのホームページに移動してご利用ください。当日お聴き逃しになっても、1週間以内であればタイムフリー機能でお聴きいただけます。
詳細はこちらへ

今月の番組ガイド

オンエア: 2022年6月25日(土曜日) 午後4時〜4時30分

<ゲスト>竹重満男さん

 今月のお客様は、上田市にお住いの竹重満男さんです。
 竹重さんは、聴覚障がいなどを持ちながら地域の中で当たりまえに一緒に暮らしています。15歳ころから人より聞こえかたが悪い事に気づいて、耳鼻咽喉科の治療を受けられたことがあるようです。
 食品製造をする工場で働きながら、聴覚障がい者の活動に参加。当時、白馬村の村議会議員たった桜井清枝さんが企画した集まりである、「聴覚障がい者のための塩の道紀行」に2003年から2012年まで参加されました。
 白馬村に通っていた時期に大きな地震があり、『自分にできることは何か?』を考えて、防災、減災のための活動に取り組むようになり、2014年、15年、16年、白馬村や小谷村の災害現場の撮影を続けました。
 2017年に信州大学の廣内研究室に出会い、「2014年神城断層地震震災アーカイブ」のホームページの一部分の作成に参加され活動しました。
 また、2019年10月に台風19号による甚大な災害が発生した後、10月13日より今日まで、千曲川流域(佐久穂から飯山まで)の撮影を80日間続けました。
 「神城断層地震震災アーカイブ」や「猪(しし)の満水デジタルアーカイブ」のホームページを紹介する活動。聴覚障がい者を支援する要約筆記の普及をしていくことがライフワークだそうです。
 そんな竹重さんが、体験したことや、考えてきたことをお聞きします。

2014年神城断層地震 震災アーカイブ https://kamishiro.shinshu-bousai.jp/

"猪の満水"災害デジタルアーカイブ https://chikuma-archive.shinshu-bousai.jp/

(文/広沢里枝子)

-- 番組へのお便りは お問い合わせフォーム から --